体を温めたら腫れた…温熱蕁麻疹が発生する原因と対処法まとめ

蕁麻疹 熱

 

体に赤い楕円状の腫れが発生し、局所的だったものが気付いたら体全体へ広がる恐れもあるのが「蕁麻疹」ですよね。

 

大人であっても痒みを我慢するのが難しいほどの、強い痒みを伴うのが特徴で、たいていは数時間以内に自然と治ります。

 

そんな蕁麻疹ですが、お風呂のお湯やカイロなど、温熱によって発生する可能性があることをご存知ですか?

 

意外と身近なところに、温熱による蕁麻疹が起こる原因はあるもの。

 

ここでは、温熱によってどうして蕁麻疹が生じるのかと対処法について紹介していきます。

 

 

1.温熱で蕁麻疹が生じる原因

 

蕁麻疹 熱

 

冬の寒い日は温度の高いお風呂に入り、身も心もリフレッシュしたいもの。

 

また出かけるときに、カイロが必需品だという人も少なくないでしょう。

 

しかし、こうした皮膚を急激に温める行為は、「温熱蕁麻疹」を発生させる可能性があるので注意が必要です。

 

では皮膚を温めることで、どうして蕁麻疹が生じてしまうのでしょうか?

 

蕁麻疹は皮膚の血管周辺に存在する「肥満細胞」が、何らかの影響で刺激を受けヒスタミンと呼ばれる物質が放出されることにより生じます。

 

スポンサーリンク

 

このヒスタミンは皮膚の血管を拡張する作用があり、血液中の血漿が血管の外に広がって赤い膨疹(ぼうしん)が発生するのです。

 

またヒスタミンは神経に作用し、かゆみを起こすので赤い腫れと強いかゆみが同時に起こります。

 

何らかの作用によって肥満細胞が刺激されると、ヒスタミンが放出され蕁麻疹が発生する訳ですが、重要なのは「何が肥満細胞を刺激する引き金となるのか」という点です。

 

温熱蕁麻疹が発生する原因は、この引き金が「皮膚を温める」という行為に繋がります。

 

温水、温風といった体温よりも温かい物質に触れたり、急に皮膚を温めたりすることによって肥満細胞が刺激を受け、ヒスタミンが分泌されるのです。

 

こうして温熱蕁麻疹を発症します。

 

 

2.温熱の蕁麻疹に見られる症状

 

蕁麻疹 熱

 

温熱蕁麻疹が起こると、どのような症状がみられるのでしょうか?

 

主に以下に挙げる症状が、温熱蕁麻疹によって確認されます。

 

  • 強いかゆみ
  • 局所的な膨疹
  • 痙攣
  • 虚脱感
  • 発熱
  • 灼熱感

 

かゆみや膨疹といった症状は、他の蕁麻疹でも確認できますが、痙攣や虚脱感は温熱蕁麻疹に多いと言われています。

 

灼熱感というのは、腫れている部分が焼け付くような感覚を覚えるもので、血管が拡張しているがために感じるのです。

 

 

3.温熱蕁麻疹が起こりやすい人の特徴

 

蕁麻疹 熱

 

温熱蕁麻疹は、熱という刺激が皮膚に当たることで発生します。

 

この条件が必要になるので、温熱蕁麻疹は起こりやすい人や起こりやすい状況などがあるのです。

 

スポンサーリンク

 

温熱蕁麻疹が起こりやすい人は、以下の条件に当てはまる場合です。

 

  • 血行が悪い人
  • 敏感肌の人
  • 寒がりの人
  • 乾燥肌の人

 

冬は乾燥しがちで、カイロなどの使用頻度が高くなるため、乾燥肌でカイロを使う人は特に温熱蕁麻疹にかかりやすいでしょう。

 

次に、蕁麻疹になりやすい条件についても見ていきます。

 

  • 運動して体が急に温まったとき
  • 温かい飲み物を摂取したとき
  • 床暖房に長時間座っているとき
  • カイロや湯たんぽで、体の一部が急激に温まったとき
  • 寒い屋外から温かい室内へ入ったとき

 

ここで分かるのは、急な温度変化が起こりやすい条件のとき、温熱蕁麻疹を発症しやすい点ですね。

 

 

4.温熱蕁麻疹を発症したときの対処法3つ

 

蕁麻疹 熱

 

温熱蕁麻疹が出たとき、放置しておくと症状が悪化し、全身に膨疹が広がる恐れがあります。

 

適切に対処できれば、蕁麻疹の症状を抑えられるので、対処の方法を知っておきましょう。

 

 

@ 患部をかかないようにする

 

蕁麻疹 熱

 

温熱蕁麻疹は局所的な症状になるケースが多いので、膨疹が見られる部分をかかないように注意してください。

 

強い痒みを伴うので、子供は特にかいてしまう可能性が高いですが、無理にかいてしまうと症状が悪化する恐れがあります。

 

皮膚を傷付けてしまうと、傷が治らず跡として残る場合もあるので、顔に出来たときは特に注意しましょう。

 

 

A 蕁麻疹の原因を遠ざける

 

蕁麻疹 熱

 

カイロや湯たんぽなどが皮膚に当たり続けることで温熱蕁麻疹が出たなら、それらを肌から離すようにしてください。

 

当て続けてしまうと、蕁麻疹が治るどころか逆に悪化します。

 

当てている場所に異常を感じたときは、すぐに使用を中止して様子を見るようにしてください。

 

 

B 皮膚科を受診する

 

蕁麻疹 熱

 

最初は局所的に蕁麻疹の症状が出ていたのに、一気に全身へ広がり1日経過しても治らない…。

 

こうした状況に遭遇したならば、すぐにでも皮膚科を受診してください。

 

皮膚科では蕁麻疹の根本的な治療はできず、痒みを抑える薬を処方される場合がほとんどです。

 

大体は数時間以内に腫れや痒みは治りますので、病院へ行く必要はありません。

 

それでも稀に症状が悪化することもあるので、「何かおかしい」と感じたならば、すぐに病院へ行くようにしましょう。

 

 

まとめ

 

蕁麻疹 熱

 

ここでは、温熱によってどうして蕁麻疹が生じるのかと対処法について紹介していきました。

 

普段の生活であまり馴染みのない蕁麻疹ですが、温熱蕁麻疹に関しては時期や体質などにより発症する可能性は高いです。

 

原因や対処法などを詳しく紹介しましたので、もし発症した場合は参考にしてみてくださいね。

他にこんな記事も読まれています




人気記事ランキング


〜「水疱瘡」の原因と対処法〜


蕁麻疹 熱
大人も要チェック!水疱瘡の予防接種をする時期や費用まとめ



蕁麻疹 熱
子供だけの病気じゃない!大人が水疱瘡を発症する原因や予防法まとめ



蕁麻疹 熱
跡をどうにかしたい…水疱瘡の跡ができる原因と取り除く4つの方法



蕁麻疹 熱
水疱瘡を発症してからお風呂に入れるまでの期間と対処法



蕁麻疹 熱
水疱瘡を早く治したい…水疱瘡に効果的な薬と服用する際の注意点



スポンサーリンク




蕁麻疹 熱
潜伏期間中も感染する?水疱瘡が感染力を持つ期間と注意点まとめ



蕁麻疹 熱
大人は症状が悪化する?水疱瘡にかかると現れる症状と対処法



蕁麻疹 熱
大人も効果あり!水疱瘡にワクチンが効果的な理由と接種方法まとめ



〜「蕁麻疹」の原因と対処法〜


蕁麻疹 熱
皮膚が突然腫れた…子供が発症しやすい蕁麻疹の種類と対処法まとめ



蕁麻疹 熱
体が急に痒くなる…蕁麻疹がストレスで起こる理由と対処法



蕁麻疹 熱
体全体がかゆい…全身に蕁麻疹が起こる原因と対処法とは?



蕁麻疹 熱
顔に赤い発疹が…顔に蕁麻疹が出る原因と対処法まとめ



蕁麻疹 熱
蕁麻疹は原因で種類が変わる?蕁麻疹の種類と対処法まとめ



蕁麻疹 熱
蕁麻疹に効果がある薬の種類と使用する際の注意点まとめ



蕁麻疹 熱
痒くないけど体に発疹が…痒くない蕁麻疹が起こる原因と対処法



蕁麻疹 熱
アレルギー性蕁麻疹を発症する原因と対処法や予防法まとめ



蕁麻疹 熱
体を冷やしたら腫れた…寒冷蕁麻疹が現れる原因や症状まとめ



〜「リンパ節」の原因と対処法〜


蕁麻疹 熱
耳の下が腫れて痛い…リンパ腺が腫れる原因と治療法5選



蕁麻疹 熱
首に突然激痛が…首のリンパ節に痛みを感じる5つの原因と対処法



蕁麻疹 熱
首すじ付近にしこりが…リンパにしこりが生じる5つの原因と対処法



蕁麻疹 熱
リンパ節が腫れてきた…リンパ節が腫脹する3つの原因と治療法



蕁麻疹 熱
リンパが腫れて痛い…リンパ腺炎を発症する4つの原因と対処法



蕁麻疹 熱
首付近に違和感が…頚部リンパ節が炎症する3つの原因と対処法



蕁麻疹 熱
乳癌はリンパ節に転移しやすい理由と治療法や生存率まとめ