蕁麻疹は原因で種類が変わる?蕁麻疹の種類と対処法まとめ

蕁麻疹 種類

 

体に異変を感じたと思ったら、突然細かく赤い発疹が起こり強烈なかゆみを伴うのが、「蕁麻疹」ですよね。

 

今まで蕁麻疹を経験したことが無い人が発症すると、いきなりの事態なので驚かれますし、子供にかかれば親は心配になります。

 

そんな蕁麻疹ですが、いくつかの種類が存在することをご存知でしたか?

 

種類に応じて、蕁麻疹が起こる原因が異なっているのです。

 

ここでは、蕁麻疹の種類と原因や対処法を紹介していきます。

 

 

1.蕁麻疹にはどんな種類がある?

 

蕁麻疹 種類

 

蕁麻疹は突如として、赤い発疹とかゆみが伴う皮膚症ですが、大まかに分けると以下のような種類があります。

 

 

@ 「急性・慢性蕁麻疹」毎日のように症状が現れる

 

蕁麻疹 種類

 

蕁麻疹の多くは、この「急性・慢性蕁麻疹」と呼ばれる種類のものを発症すると言われています。

 

急性蕁麻疹とは、通常1か月以内に治りますが、毎日のように症状が現れるという特徴があります。

 

原因は、細菌やウイルスの感染が原因のアレルギー性です。

 

スポンサーリンク

 

慢性蕁麻疹は、1か月以上も蕁麻疹が出たり引いたりしているもので、原因が特定されていません。

 

こちらは、非アレルギー性のものが多いです。

 

 

A 「物理性蕁麻疹」皮膚に刺激が加えられ発症する

 

蕁麻疹 種類

 

物理性蕁麻疹は、さらに細かく多くの種類に分類されます。

 

物理性蕁麻疹の場合は、刺激を受けた皮膚を中心に膨疹(ぼうしん)が出る場合が多いので、見分けるのは比較的簡単。

 

スポンサーリンク

 

つまり原因を特定しやすいので、その原因を取り除けば発症を防げます。

 

物理性蕁麻疹の中でも、特に原因として多いのが以下に挙げるものです。

 

 

温熱蕁麻疹

 

温風、布団、お風呂といった温かい刺激が、身体の特定の部分の温度を上昇させることで生じます。

 

 

寒冷蕁麻疹

 

外気や冷房の冷気に触れ、特定の部分の温度が低下したときに、蕁麻疹の症状がでます。

 

 

日光蕁麻疹

 

梅雨前から秋口にかけての、紫外線が強い季節に日光に当たるだけで、当たった部分に蕁麻疹が生じます。

 

 

コリン性蕁麻疹

 

お風呂や運動などで汗をかいた際に症状が出るもので、子供に多く見られます。

 

ちなみに「コリン」というのは、汗腺を刺激する「アセチルコリン」という物質から取られています。

 

膨疹は小さく、細かい斑点が無数に発生するのが特徴です。

 

 

B 「アレルギー性蕁麻疹」アレルゲン物質が原因で発症する

 

蕁麻疹 種類

 

身体の中に、何か特定の物質が入り込むことによって症状が出るのが、「アレルギー性蕁麻疹」です。

 

それは食べ物かもしれませんし、薬剤やダニ、ホコリかもしれません。

 

アレルゲン物質は非常に多いので、自分自身がどの物質に敏感なのかを把握しておくことが大切でしょう。

 

もし食物アレルギーが原因で蕁麻疹が出るなら、食事をしてから30分程度で発症します。

 

直前に何を食べたかが把握できれば、その食品を避けるようでき、結果的に発症を防げますよ。

 

 

C その他特殊なものが原因で発生する

 

蕁麻疹 種類

 

ストレスを抱え、自律神経が乱れたり精神的に不安定になるなどの問題を抱えると、突如として蕁麻疹が起こります。

 

特定の刺激が加わった訳でも、食物アレルギーなどでもなく、ストレスという目に見えない分かりにくいものが原因となっているので、原因不明「特発性蕁麻疹」と診断されることがほとんです。

 

また血管性浮腫という、蕁麻疹の一種ですが特殊な症状が出ることもあります

 

これは唇やまぶたなど、特定の部位がある日突然に腫れあがり、数日ほど続いて治っていくのです。

 

かゆみは伴わないですが、痛む場合があります。

 

 

2.蕁麻疹の種類によって対処法を変えよう

 

蕁麻疹 種類

 

蕁麻疹は原因によって、いくつかの種類に分類されることが分かりました。

 

では種類によって、対処法は異なってくるのでしょうか?

 

まずは、蕁麻疹全般の対処法を見ていきましょう。

 

発生した蕁麻疹に対しての対処法としては、入浴や運動を避け、患部を冷やすことが大切です。

 

血行が良くなると蕁麻疹がより悪化し、かゆみが増してしまうため、運動などは避けるべき。

 

患部に対して刺激を与えるのは、かゆみを悪化させるので、振動や摩擦、圧迫といった刺激を与えないようにしてください。

 

ただし、寒冷蕁麻疹の場合は、冷やすのは避けましょう

 

次に、蕁麻疹の原因として多い、「アレルギー性蕁麻疹」に焦点を合わせた対処法を見ていきます。

 

アレルギー性蕁麻疹の場合は、特定のアレルゲンの摂取を控えるようにしてください。

 

何を食べたかを毎日メモにしておくと、どの食材が原因となっているのか目星をつけやすくなります。

 

 

3.どんな種類の蕁麻疹でも病院へ行くべき?

 

蕁麻疹 種類

 

蕁麻疹の種類と対処法をここまで見ていきましたが、局所的にしろ全身に症状が広がるのしろ、蕁麻疹は突然発生するものなので大変に驚きますよね。

 

初めて経験する人からしてみれば、「これは何事だろう…」と焦りも強くなります。

 

すぐに病院という2文字が思いつくかもしれませんが、どんな種類の蕁麻疹であっても病院へ行くべきなのでしょうか?

 

実は蕁麻疹は、大抵の場合15分から数時間で自然と消えていきます。

 

そのためいきなり病院へ行くのではなく、安静にするなどして様子を見るようにしてください。

 

1日経過しても蕁麻疹が消えないのであれば、病院へ行き適切な処置を受けましょう。

 

 

まとめ

 

蕁麻疹 種類

 

ここでは、蕁麻疹の種類を理解しつつ、原因や対処法について紹介していきました。

 

蕁麻疹の出来方は同じですが、原因によって種類が分かれています

 

ですが早急な対処法については、患部を冷やしたり、運動を避けて安静にするなどでほぼ統一されているのです。

 

病院へすぐ行く必要はありませんが、蕁麻疹が1日経過しても残るなら病院へ行くようにしてください。

他にこんな記事も読まれています




人気記事ランキング


〜「水疱瘡」の原因と対処法〜


蕁麻疹 種類
大人も要チェック!水疱瘡の予防接種をする時期や費用まとめ



蕁麻疹 種類
子供だけの病気じゃない!大人が水疱瘡を発症する原因や予防法まとめ



蕁麻疹 種類
跡をどうにかしたい…水疱瘡の跡ができる原因と取り除く4つの方法



蕁麻疹 種類
水疱瘡を発症してからお風呂に入れるまでの期間と対処法



蕁麻疹 種類
水疱瘡を早く治したい…水疱瘡に効果的な薬と服用する際の注意点



スポンサーリンク




蕁麻疹 種類
潜伏期間中も感染する?水疱瘡が感染力を持つ期間と注意点まとめ



蕁麻疹 種類
大人は症状が悪化する?水疱瘡にかかると現れる症状と対処法



蕁麻疹 種類
大人も効果あり!水疱瘡にワクチンが効果的な理由と接種方法まとめ



〜「蕁麻疹」の原因と対処法〜


蕁麻疹 種類
皮膚が突然腫れた…子供が発症しやすい蕁麻疹の種類と対処法まとめ



蕁麻疹 種類
体が急に痒くなる…蕁麻疹がストレスで起こる理由と対処法



蕁麻疹 種類
体全体がかゆい…全身に蕁麻疹が起こる原因と対処法とは?



蕁麻疹 種類
顔に赤い発疹が…顔に蕁麻疹が出る原因と対処法まとめ



蕁麻疹 種類
蕁麻疹は原因で種類が変わる?蕁麻疹の種類と対処法まとめ



蕁麻疹 種類
蕁麻疹に効果がある薬の種類と使用する際の注意点まとめ



蕁麻疹 種類
痒くないけど体に発疹が…痒くない蕁麻疹が起こる原因と対処法



蕁麻疹 種類
アレルギー性蕁麻疹を発症する原因と対処法や予防法まとめ



蕁麻疹 種類
体を冷やしたら腫れた…寒冷蕁麻疹が現れる原因や症状まとめ



〜「リンパ節」の原因と対処法〜


蕁麻疹 種類
耳の下が腫れて痛い…リンパ腺が腫れる原因と治療法5選



蕁麻疹 種類
首に突然激痛が…首のリンパ節に痛みを感じる5つの原因と対処法



蕁麻疹 種類
首すじ付近にしこりが…リンパにしこりが生じる5つの原因と対処法



蕁麻疹 種類
リンパ節が腫れてきた…リンパ節が腫脹する3つの原因と治療法



蕁麻疹 種類
リンパが腫れて痛い…リンパ腺炎を発症する4つの原因と対処法



蕁麻疹 種類
首付近に違和感が…頚部リンパ節が炎症する3つの原因と対処法



蕁麻疹 種類
乳癌はリンパ節に転移しやすい理由と治療法や生存率まとめ