体全体がかゆい…全身に蕁麻疹が起こる原因と対処法とは?

全身 蕁麻疹

 

突如として皮膚に異常が起こり、強いかゆみや腫れに悩まされるのが「蕁麻疹」ですよね。

 

ストレスやアレルギー反応など、さまざまな原因によって起こるとされ、一般的に見られる皮膚の異常と言われています。

 

そんな蕁麻疹ですが、一部分ではなく全身に症状が出ることがあるのを、ご存知ですか?

 

体の表面だけでなく、気道にも蕁麻疹が現れることもあり、呼吸困難になるなど危険な症状を伴うケースもあるのです。

 

ここでは、全身に蕁麻疹が出る原因と対処法を紹介していきます。

 

 

1.全身に蕁麻疹が起こる原因

 

全身 蕁麻疹

 

蕁麻疹は主に体の中心(お腹や背中)あたりに、赤い斑点のような膨れが生じるのが一般的です。

 

そこで治まる場合もあれば、太ももなどに蕁麻疹が拡大することもあり、場合によっては全身に症状が現れます。

 

ではどうして、体の一部分にしか蕁麻疹ができない場合と、全身に広がりを見せるケースがあるのでしょうか?

 

その答えを知るには、発生した蕁麻疹は何が起因となっているのかを知る必要があるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

蕁麻疹は大きく分けて、「アレルギー性蕁麻疹」と「非アレルギー性蕁麻疹」の2つのタイプがあります。

 

アレルギー性蕁麻疹は、その名前の通りアレルギー物質が原因となって現れるものです。

 

食物、ダニ、植物など様々なアレルギーがありますが、これらの物質(アレルゲン)が体内に入ると免疫が過敏に反応してヒスタミンという物質を放出します。

 

そうして蕁麻疹が発生するのです。

 

非アレルギー性蕁麻疹は、アレルギー物質以外を原因とするもので、たとえばストレスや疲労、睡眠不足などが挙げられます。

 

さて、この2つのタイプで全身に蕁麻疹が現れやすいのは、「アレルギー性蕁麻疹」です。

 

アレルギー反応は人それぞれ異なり、少しでも体内に入れただけで強烈な反応を示す人もいれば、軽症で済む人もいます。

 

個人差がありますが、アレルギー反応による蕁麻疹で、全身に症状が出ることが多いと言われています。

 

 

2.全身に蕁麻疹が出るとどうなる?

 

全身 蕁麻疹

 

全身に蕁麻疹が出ると、体はどういった反応を示すのか気になりますよね。

 

蕁麻疹は体からヒスタミンと呼ばれる、神経伝達物質が放出され「かゆみ」を覚えます。

 

それが限定された場所であれば我慢もできますが、単体でも強いかゆみを持つので子供は我慢できずにかいてしまい、ミミズ腫れのように症状が悪化するケースもあるほどです。

 

単体でもかゆみを感じるのに、それが全身に広がりを見せたら、想像を絶するかゆみに苦しめられるのは想像に難くないでしょう。

 

ですが実際のところ、全身に蕁麻疹が生じたとき、全身がかゆくなる訳ではありません

 

スポンサーリンク

 

全身がかゆいとき、体はその中でも一番かゆいと感じる場所のみを、「かゆい」と認識させてくれるのです。

 

ですから、皮膚が薄い手先や足先、首元、頭皮が主に「かゆい」と感じます。

 

全身に蕁麻疹が生じたとき、かゆみ以外にも別の症状が現れます。

 

それは「熱っぽさ」です。

 

全身が赤く腫れあがるので、体全体が熱を持ったような感覚を覚えます。

 

実際に微熱になる人も多く、風邪を引いたような感覚になり、頭がボーっとしてくることもあるでしょう

 

全身の蕁麻疹の症状がヒドくなると、気道も腫れてしまい食事が喉に引っかかるようになりますし、呼吸が正常にできません。

 

呼吸困難になり息をするのが難しいと感じる場合もあります。

 

 

3.全身に蕁麻疹が出た場合の対処法

 

全身 蕁麻疹

 

かゆみだけでなく、微熱や呼吸困難など、様々な症状が出る全身の蕁麻疹ですが、どう対処するべきでしょうか?

 

蕁麻疹は15分から数時間程度で治る場合がほとんどなので、全身に蕁麻疹が出たら安静にしてください

 

熱っぽさを持っているなら、特にかゆい患部を冷やしてあげると、かゆみが和らぐので落ち着けるでしょう。

 

安静にして体調が落ち着くと、蕁麻疹も引いていくでしょう。

 

それでも治らなければ、薬剤師のいるドラグストアに行き症状を説明して適切な塗り薬を処方してもらってください。

 

蕁麻疹に効果がある薬が販売されているので、飲み合わせなどが無いかを確認され、適切なものを処方してくれます。

 

薬を使っても全身の蕁麻疹が改善されず、それどころか呼吸するのも難しいと感じるようになったなら、すぐに病院へ行きましょう。

 

ほとんどの蕁麻疹は、「特発性蕁麻疹」で原因不明です。

 

ですが長引く蕁麻疹の場合は、長引かせている原因を取り除かなければならないので、医師の治療を受けましょう。

 

 

4.全身の蕁麻疹が出たら何科を受診するべき?

 

全身 蕁麻疹

 

全身の蕁麻疹がヒドい場合は、病院を受診することが必要となりますが、何科に行けば良いのか悩みますよね。

 

皮膚に異常が出ているので、まず最初は皮膚科を受診してください。

 

前章でもお伝えした通り、たとえ皮膚科へ行ったとしても特発性蕁麻疹と診断される場合がほとんどで、原因は分かりません。

 

かゆみを抑える塗り薬や内服薬を処方されるので、用法・容量通りに用いて様子を見るようにしてください。

 

それでも改善が見られなければ再度皮膚科を受診し、より専門的な治療が受けられる「アレルギー科」を紹介してもらいます。

 

アレルギー科は大きな病院にしかありませんので、紹介を通してもらったほうが受診しやすいですよ。

 

ストレスや疲れなどが原因と考えられる場合は、皮膚科の医師から心療内科を受診するように勧められるかもしれません。

 

ストレスが原因で蕁麻疹が出ているなら、根本の蕁麻疹を解決しなければ改善されないからです。

 

心療内科では、抗不安薬などを服用し、心を落ち着かせる点に重点を置く治療が行われるでしょう。

 

 

まとめ

 

全身 蕁麻疹

 

ここでは、全身に蕁麻疹が出る原因と対処法を紹介していきました。

 

蕁麻疹は一部分だけでも、強いかゆみに悩まされますが、全身に蕁麻疹が出ると微熱や呼吸困難を引き起こす場合があります

 

大抵の蕁麻疹は15分から数時間の間で治まりますが、もし治らなければ病院を受診しましょう。

 

この時、最初は皮膚科を受診し、改善が見られなければ別の科を勧めてくれるので、医師の指示に従うようにしてください。

他にこんな記事も読まれています




人気記事ランキング


〜「水疱瘡」の原因と対処法〜


全身 蕁麻疹
大人も要チェック!水疱瘡の予防接種をする時期や費用まとめ



全身 蕁麻疹
子供だけの病気じゃない!大人が水疱瘡を発症する原因や予防法まとめ



全身 蕁麻疹
跡をどうにかしたい…水疱瘡の跡ができる原因と取り除く4つの方法



全身 蕁麻疹
水疱瘡を発症してからお風呂に入れるまでの期間と対処法



全身 蕁麻疹
水疱瘡を早く治したい…水疱瘡に効果的な薬と服用する際の注意点



スポンサーリンク




全身 蕁麻疹
潜伏期間中も感染する?水疱瘡が感染力を持つ期間と注意点まとめ



全身 蕁麻疹
大人は症状が悪化する?水疱瘡にかかると現れる症状と対処法



全身 蕁麻疹
大人も効果あり!水疱瘡にワクチンが効果的な理由と接種方法まとめ



〜「蕁麻疹」の原因と対処法〜


全身 蕁麻疹
皮膚が突然腫れた…子供が発症しやすい蕁麻疹の種類と対処法まとめ



全身 蕁麻疹
体が急に痒くなる…蕁麻疹がストレスで起こる理由と対処法



全身 蕁麻疹
体全体がかゆい…全身に蕁麻疹が起こる原因と対処法とは?



全身 蕁麻疹
顔に赤い発疹が…顔に蕁麻疹が出る原因と対処法まとめ



全身 蕁麻疹
蕁麻疹は原因で種類が変わる?蕁麻疹の種類と対処法まとめ



全身 蕁麻疹
蕁麻疹に効果がある薬の種類と使用する際の注意点まとめ



全身 蕁麻疹
痒くないけど体に発疹が…痒くない蕁麻疹が起こる原因と対処法



全身 蕁麻疹
アレルギー性蕁麻疹を発症する原因と対処法や予防法まとめ



全身 蕁麻疹
体を冷やしたら腫れた…寒冷蕁麻疹が現れる原因や症状まとめ



〜「リンパ節」の原因と対処法〜


全身 蕁麻疹
耳の下が腫れて痛い…リンパ腺が腫れる原因と治療法5選



全身 蕁麻疹
首に突然激痛が…首のリンパ節に痛みを感じる5つの原因と対処法



全身 蕁麻疹
首すじ付近にしこりが…リンパにしこりが生じる5つの原因と対処法



全身 蕁麻疹
リンパ節が腫れてきた…リンパ節が腫脹する3つの原因と治療法



全身 蕁麻疹
リンパが腫れて痛い…リンパ腺炎を発症する4つの原因と対処法



全身 蕁麻疹
首付近に違和感が…頚部リンパ節が炎症する3つの原因と対処法



全身 蕁麻疹
乳癌はリンパ節に転移しやすい理由と治療法や生存率まとめ