MENU

大人は症状が悪化する?水疱瘡にかかると現れる症状と対処法

水疱瘡 症状

 

子供の頃にほとんどの人が感染すると言われ、発症したら法律で登校や登園が禁止されているのが「水疱瘡」ですよね。

 

1回でも発症すれば抗体ができるので、2回かかることは無いと言われています。

 

そんな水疱瘡ですが、発疹などの症状が特徴的で、強いかゆみは大人であっても我慢するのが難しいほどです。

 

発疹に代表される症状ですが、他にもいくつか見られることが分かっています。

 

ここでは、水疱瘡になると現れる症状と症状を和らげる方法について紹介していきます。

 

 

1.水疱瘡で引き起こされる症状

 

水疱瘡 症状

 

水疱瘡はいくつかの症状を引き起こすことが分かっており、発症してから同時に起こるのではなく時差があります。

 

まず基本的な部分から押さえておきますが、水疱瘡は感染してから発症するまでおよそ2週間あり、この時期が潜伏期間です。

 

潜伏期間中は症状は出ませんが、ウイルスが体内で十分に増殖すると、いよいよ発症します。

 

発症して最初に見られる症状は、「発熱」です。

 

インフルエンザのように、39度を超えるような高熱が出るケースは少なく、大抵は38度前後の微熱となります。

 

微熱と同時に、食欲不振や全身の倦怠感、頭痛といった症状が出る場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

この発熱は3〜5日程度続き、次第に治まっていくのですが、それと引き換えに発疹の症状が出てくるのです。

 

発疹ですが、発熱と同時に出る場合もあれば、熱が出てから2日後ほどに出ることもあります。

 

発疹は最初虫刺されのような、赤いブツブツとして現れ、次第に水ぶくれになり、水ぶくれになってから3〜4日後には次第にカサブタへと変わっていくのです。

 

最終的にカサブタが全て取れれば、完治ということになり、発症してからすべてのカサブタが消えるまで3週間ほどかかります。

 

 

2.水疱瘡の症状で一番ツラい時期

 

水疱瘡 症状

 

前章では水疱瘡で引き起こされる症状を、時系列で紹介していきました。

 

では水疱瘡で一番ツラい時期は、どの部分に当たるのでしょうか?

 

発熱は38度に届かないぐらいの微熱なので、そこまで大変ではありません。

 

一番ツラい時期は、発疹、水ぶくれ、カサブタが同時に現れるところです

 

最初の発疹がお腹や背中あたりで見られてから、4〜5日目あたりになると、発疹と水ぶくれ、そしてカサブタが同時に現れます。

 

スポンサーリンク

 

これは発疹が同時に起こるのではなく、Aという水ぶくれは初日に、Bという水ぶくれは2日目に起こるように、それぞれ時差があるのです。

 

同時に起こるときが、一番かゆみの強い時期になるため我慢するのが大変でツラい日々を送らなければいけません。

 

特に水ぶくれのときは、内部の水分にウイルスが大量に入っているので、かきこわしてしまうとウイルスが飛び散り他の人へ感染させてしまう恐れがあるので要注意。

 

 

3.大人の水疱瘡で起こる症状

 

水疱瘡 症状

 

子供に多く見られる水疱瘡ですが、年齢が上がるにつれて症状が悪化する可能性が高いと言われています。

 

特に15歳以上と1歳以下の人が感染すると、水疱瘡が重症化するので注意してください。

 

水疱瘡は年間に100万人が発症し、4000人が入院するほど症状が悪化し、20人ほどは命を落としています

 

誰もが水疱瘡に感染をしますが、実はとても怖い病気であると認識しておきましょう。

 

子供の頃に水疱瘡にかかっておらず、予防接種も受けないで大人になると、大人でも水疱瘡を発症します。

 

大人になると症状が悪化しやすく、肺炎や脳炎といった合併症を引き起こす可能性も高まるのです。

 

すると、意識障害や痙攣といった症状が見られ、最悪の場合は死亡してしまいます。

 

特に高齢者や妊娠中の女性は、より症状が重くなりやすいので注意してください。

 

 

4.水疱瘡の症状が発生しやすい部位はどこ?

 

水疱瘡 症状

 

水疱瘡は全身に発疹として見られるので、薬を塗ってあげるのが大変ですよね。

 

では具体的に、どの部位に水疱瘡は発生しやすいのでしょうか?

 

症状が最初に現れるのは、体の中央部分なのでお腹や背中、胸などの部位です。

 

そのため、まずは体の中心部分は、必ず水疱瘡が発生すると考えてください。

 

次に多いと言われるのは、頭皮や手足です。

 

体の先端部分になりますが、水痘ウイルスが体内を隅々まで巡ってから発症するので、先端の部位にも症状が出やすい特徴を持っています。

 

これらの部位が主に症状が出やすい部分となるので、薬を塗るときには、しっかりと確認をしてみてください。

 

稀に、肛門や陰部、さらには目の中など、信じられない部位に発疹が出ることがあります。

 

重症化すると意外なところにも発疹が出るので、薬を塗るのが怖ければ医師に相談するようにしてください。

 

 

5.水疱瘡の症状を和らげる方法

 

水疱瘡 症状

 

ここまでで、水疱瘡の症状や特徴について理解できました。

 

では、発生した水疱瘡の症状を、どうすれば和らげられるのかを見ていきましょう。

 

水疱瘡の症状をケアするには、病院で処方される飲み薬や塗り薬を、医師の指示にしたがって用いることが大前提です。

 

特に抗ウイルス薬は、ウイルスの増殖を抑えてくれるので、症状そのものを軽くする働きがあります。

 

塗り薬は主にかゆみを止めてくれるので、子供がかき壊してしまうのを防げるので有用です。

 

これら以外、自宅で症状を和らげるケアの方法としては、「お風呂に入らない」という点が挙げられます。

 

お風呂に入るとかゆみが増してしまうので、軽くシャワーで済ませ、タオルを押し付けるようにして拭くようにしましょう。

 

とにかく自宅では、「かゆみを出来るだけ抑える」ことに重点を置くようにしてください。

 

 

まとめ

 

水疱瘡 症状

 

ここでは、水疱瘡になると現れる症状を理解しつつ、症状を和らげる方法について紹介していきました。

 

水疱瘡は微熱や全身の倦怠感といった症状からはじまり、特徴的な発疹が見られるようになります。

 

大人になると症状は悪化し、合併症を引き起こす恐れがあるので、実は怖い病気なんですね。

 

症状を和らげるには、医師から処方される薬を用い、かゆみを出来るだけ抑えるように自宅でケアをしましょう。

他にこんな記事も読まれています




人気記事ランキング


〜「水疱瘡」の原因と対処法〜


水疱瘡 症状
大人も要チェック!水疱瘡の予防接種をする時期や費用まとめ



水疱瘡 症状
子供だけの病気じゃない!大人が水疱瘡を発症する原因や予防法まとめ



水疱瘡 症状
跡をどうにかしたい…水疱瘡の跡ができる原因と取り除く4つの方法



水疱瘡 症状
水疱瘡を発症してからお風呂に入れるまでの期間と対処法



水疱瘡 症状
水疱瘡を早く治したい…水疱瘡に効果的な薬と服用する際の注意点



スポンサーリンク




水疱瘡 症状
潜伏期間中も感染する?水疱瘡が感染力を持つ期間と注意点まとめ



水疱瘡 症状
大人は症状が悪化する?水疱瘡にかかると現れる症状と対処法



水疱瘡 症状
大人も効果あり!水疱瘡にワクチンが効果的な理由と接種方法まとめ



〜「蕁麻疹」の原因と対処法〜


水疱瘡 症状
皮膚が突然腫れた…子供が発症しやすい蕁麻疹の種類と対処法まとめ



水疱瘡 症状
体が急に痒くなる…蕁麻疹がストレスで起こる理由と対処法



水疱瘡 症状
体全体がかゆい…全身に蕁麻疹が起こる原因と対処法とは?



水疱瘡 症状
顔に赤い発疹が…顔に蕁麻疹が出る原因と対処法まとめ



水疱瘡 症状
蕁麻疹は原因で種類が変わる?蕁麻疹の種類と対処法まとめ



水疱瘡 症状
蕁麻疹に効果がある薬の種類と使用する際の注意点まとめ



水疱瘡 症状
痒くないけど体に発疹が…痒くない蕁麻疹が起こる原因と対処法



水疱瘡 症状
アレルギー性蕁麻疹を発症する原因と対処法や予防法まとめ



水疱瘡 症状
体を冷やしたら腫れた…寒冷蕁麻疹が現れる原因や症状まとめ



〜「リンパ節」の原因と対処法〜


水疱瘡 症状
耳の下が腫れて痛い…リンパ腺が腫れる原因と治療法5選



水疱瘡 症状
首に突然激痛が…首のリンパ節に痛みを感じる5つの原因と対処法



水疱瘡 症状
首すじ付近にしこりが…リンパにしこりが生じる5つの原因と対処法



水疱瘡 症状
リンパ節が腫れてきた…リンパ節が腫脹する3つの原因と治療法



水疱瘡 症状
リンパが腫れて痛い…リンパ腺炎を発症する4つの原因と対処法



水疱瘡 症状
首付近に違和感が…頚部リンパ節が炎症する3つの原因と対処法



水疱瘡 症状
乳癌はリンパ節に転移しやすい理由と治療法や生存率まとめ