MENU

子供だけの病気じゃない!大人が水疱瘡を発症する原因や予防法まとめ

水疱瘡 大人

 

子供が主に発症し、疱疹が全身に現れるため見ている側が可哀想に思えてしまうのが、「水疱瘡」ですよね。

 

かゆみや発熱などを伴い、治るまでの2週間ほどかかるので子供にとっては長くツライ日々と感じるものです。

 

そんな水疱瘡ですが、抗体を持っていない大人も感染する可能性があることを、ご存知でしたか?

 

実は大人が水疱瘡にかかると重症化しやすく、さまざまな合併症を引き起こす恐れもあります。

 

ここでは、大人が水疱瘡を発症する原因と予防法について紹介していきます。

 

 

1.大人が水疱瘡を発症する原因

 

水疱瘡 大人

 

大人が水疱瘡にかかるなんて…と、信じられない気持ちを抱く人は少なくありません

 

子供が主に注意するべき病気で、大人には感染・発症しないものだと思い込んでいる人もいるほどです。

 

確かに水疱瘡は9歳以下の子供が圧倒的に多く発症するのは事実ですが、だからといって大人が発症しないわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

実は大人でも子供の頃に、水疱瘡を一度も発症しておらず、予防接種も受けていなければ発症する可能性はあります。

 

また、もし子供の頃に発症したとしても、抗体が消えてしまえば発症することは当然あり得るのです。

 

水疱瘡を引き起こす、水痘ウイルスの感染力は非常に強く、およそ90%だと言われています。

 

空気感染や接触感染などで容易に相手へうつるので、自身の子供が水疱瘡にかかっていると、抗体を持たない親であればすぐに感染しちゃうでしょう。

 

普段から接触する人が水疱瘡にかかっていると、抗体を持たない大人は感染するので、これが発症する原因として挙げられています。

 

 

2.大人の水疱瘡は重症化しやすい?

 

水疱瘡 大人

 

大人も感染し発症する恐れがある水疱瘡ですが、大人にとってさらに厄介な一面があります。

 

それは、大人が水疱瘡にかかると「重症化」しやすいという点です。

 

子供の頃にかかると、比較的軽症で済む場合が多いのですが、大人になってから水疱瘡にかかると重症化しやすいと言われています。

 

特徴的な水疱(帯状疱疹など)が多く発生し、治りも悪くひどくなりやすく、さらに高熱を伴うケースも…。

 

スポンサーリンク

 

また合併症に移行しやすいことも分かっており、肺炎や脳症、さらに肝炎を併発する危険性が子供に比べて高いです。

 

重症化しやすい人とされるのは、免疫力が低下している人です。

 

これは大人や子供は特に関係ありませんが、がん治療や高齢により免疫力が落ちている大人は特に症状が悪化するでしょう。

 

アトピーの治療、放射線治療などを行っている人は、水疱瘡の予防接種ができません

 

それなのに発症すると重症化しやすいので、家族が予防接種を受けるなどして、感染させない努力をする必要があります。

 

重症化すると命にかかわるほど危険なので、大人の水疱瘡は十分な注意が必要です。

 

 

3.大人が水疱瘡にかかったときの治療法

 

水疱瘡 大人

 

大人が水疱瘡と思われる症状が出たとき、どういった対処法をするべきなのでしょうか?

 

発症者と接触し、感染が疑われる状況で初期症状が出た場合は、すぐに病院へ行き適切な治療を行ってください。

 

発熱があることで、市販の解熱剤を服用すると症状が悪化する危険性があります。

 

もし服用しているなら、医師にその点を伝えてあげましょう。

 

水疱瘡は水痘ウイルスが体内で増殖し、それが毛細血管まで到達することで発症します。

 

潜伏期間は長いのは増殖をしながら、体の隅々にまで行き届いてから発症するためです。

 

そのため、大人が水疱瘡にかかったときは、病院で抗ウイルス薬を処方してもらい、医師が定めた日にちまで毎日欠かさず飲むことが一番の治療法となります

 

特に大人の水疱瘡は重症化しやすいので、初期症状が出てから48時間以内に抗ウイルス薬を服用することが求められます。

 

というのも、48時間を過ぎてしまうとウイルスの増殖を、効果的に抑えることができなくなるからです。

 

いかに初期症状の段階で、治療に取り組めるかが大切になってきます。

 

 

4.大人の水疱瘡で見られる初期症状

 

水疱瘡 大人

 

水疱瘡の治療は抗ウイルス薬を、初期症状が出てから48時間以内に服用することが大切だと分かりました。

 

そこで気になるのは、「初期症状にはどんな特徴があるか」という点ですよね。

 

大人の水疱瘡に見られる初期症状として代表的なのは、「発熱」です。

 

特徴的な症状である水疱は、発熱が起きてから1〜2日後に現れるもので、すぐに出てくる訳ではありません。

 

この水疱、最終的には体全体に広がりますが、最初は背中やお腹といった体の中心部分に出来やすい傾向があります。

 

これら一連の初期症状が見られたら、すぐに病院へ行くようにしてくださいね。

 

 

5.大人が水疱瘡にかからないようにするには?

 

水疱瘡 大人

 

大人が水疱瘡にかからないようにするには、どうしたら良いか気になりますよね。

 

一番の方法は、「予防接種」を受けることです。

 

子供の頃に1回予防接種をしたとしても、発症していなければ抗体が十分ではなく、時間が経過するにつれ効果が無くなっていることもあります。

 

ですから水疱瘡を発症していない、あるいは予防接種を1回しか受けていない人は、一度医療機関を受診し相談しましょう。

 

予防接種を受けることにより、発症を防ぐことが可能ですし、もし発症しても軽い症状で済ませられ、合併症の危険性を低く抑えられます。

 

もちろん副作用のデメリットもありますが、合併症のほうがはるかに怖いので検討をした上で行うようにしてください。

 

 

まとめ

 

水疱瘡 大人

 

ここでは、大人が水疱瘡を発症する原因を理解しつつ、予防法などについて紹介していきました。

 

子供に多く見られる水疱瘡ですが、抗体が無ければ大人も感染し発症する恐れがあります

 

厄介なのは、大人の水疱瘡は重症化しやすいという点です。

 

そのため、子供の頃に水疱瘡を発症していない、予防接種も受けていないと心当たりがある人は感染を広げないためにも、予防接種を受けるようにしましょう。

他にこんな記事も読まれています




人気記事ランキング


〜「水疱瘡」の原因と対処法〜


水疱瘡 大人
大人も要チェック!水疱瘡の予防接種をする時期や費用まとめ



水疱瘡 大人
子供だけの病気じゃない!大人が水疱瘡を発症する原因や予防法まとめ



水疱瘡 大人
跡をどうにかしたい…水疱瘡の跡ができる原因と取り除く4つの方法



水疱瘡 大人
水疱瘡を発症してからお風呂に入れるまでの期間と対処法



水疱瘡 大人
水疱瘡を早く治したい…水疱瘡に効果的な薬と服用する際の注意点



スポンサーリンク




水疱瘡 大人
潜伏期間中も感染する?水疱瘡が感染力を持つ期間と注意点まとめ



水疱瘡 大人
大人は症状が悪化する?水疱瘡にかかると現れる症状と対処法



水疱瘡 大人
大人も効果あり!水疱瘡にワクチンが効果的な理由と接種方法まとめ



〜「蕁麻疹」の原因と対処法〜


水疱瘡 大人
皮膚が突然腫れた…子供が発症しやすい蕁麻疹の種類と対処法まとめ



水疱瘡 大人
体が急に痒くなる…蕁麻疹がストレスで起こる理由と対処法



水疱瘡 大人
体全体がかゆい…全身に蕁麻疹が起こる原因と対処法とは?



水疱瘡 大人
顔に赤い発疹が…顔に蕁麻疹が出る原因と対処法まとめ



水疱瘡 大人
蕁麻疹は原因で種類が変わる?蕁麻疹の種類と対処法まとめ



水疱瘡 大人
蕁麻疹に効果がある薬の種類と使用する際の注意点まとめ



水疱瘡 大人
痒くないけど体に発疹が…痒くない蕁麻疹が起こる原因と対処法



水疱瘡 大人
アレルギー性蕁麻疹を発症する原因と対処法や予防法まとめ



水疱瘡 大人
体を冷やしたら腫れた…寒冷蕁麻疹が現れる原因や症状まとめ



〜「リンパ節」の原因と対処法〜


水疱瘡 大人
耳の下が腫れて痛い…リンパ腺が腫れる原因と治療法5選



水疱瘡 大人
首に突然激痛が…首のリンパ節に痛みを感じる5つの原因と対処法



水疱瘡 大人
首すじ付近にしこりが…リンパにしこりが生じる5つの原因と対処法



水疱瘡 大人
リンパ節が腫れてきた…リンパ節が腫脹する3つの原因と治療法



水疱瘡 大人
リンパが腫れて痛い…リンパ腺炎を発症する4つの原因と対処法



水疱瘡 大人
首付近に違和感が…頚部リンパ節が炎症する3つの原因と対処法



水疱瘡 大人
乳癌はリンパ節に転移しやすい理由と治療法や生存率まとめ