MENU

大人も要チェック!水疱瘡の予防接種をする時期や費用まとめ

水疱瘡 予防 接種

 

9歳以下の子供に感染が見られ、水疱が全身に現れる感染症が、「水疱瘡」ですよね。

 

一度かかれば二度と感染しないと言われていましたが、抗体が体内から消えてしまえば再び感染する可能性があると分かってきました。

 

そんな水疱瘡ですが感染を防止、あるいは症状を軽くするために予防接種の必要性が叫ばれていることをご存知ですか?

 

以前までは任意接種でしたが、2014年10月1日から定期接種となりました。

 

ここでは、水疱瘡の予防接種を受ける時期や接種回数などについて見ていきます。

 

 

1.水疱瘡の予防接種はいつ頃から受けるべき?

 

水疱瘡 予防 接種

 

水疱瘡の予防接種には、受けられる時期が定まっていることをご存知ですか?

 

子供だからいつでも受けられる訳ではなく、抗体などの関係から生後12か月〜36か月の乳幼児が受けられます。

 

つまり1歳の誕生日から3歳の誕生日前日までが、予防接種を受けられる時期です

 

スポンサーリンク

 

この予防接種が2014年10月から定期接種に変わりましたが、接種をしないからといって罰則がある訳ではありません。

 

水疱瘡は美容の上で重大な問題を残す場合がありますし、伝染病で他の人へうつす可能性もあります。

 

できるだけ予防接種を受けさせたほうが、子供にとっても、周囲の子供にとってもメリットとなるでしょう。

 

 

2.水疱瘡の予防接種の費用はどれくらい?

 

水疱瘡 予防 接種

 

水疱瘡を発症するのを防ぐ、あるいは症状を軽くする予防接種は、子供のことを思うと受けさせたいですよね。

 

しかし、お金のことが気になり、経済事情によっては受けさせたくても、受けさせられない場合は少なくありません。

 

では水疱瘡の予防接種は、どれくらいの費用が発生するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

冒頭でもお伝えした通り、2014年10月から定期接種に変わったので、生後12か月から36か月までの乳幼児は、基本無料で接種を受けることができます。

 

対象外の子供については任意接種となるので、受診する医療機関によって価格が異なります。

 

受診先に確認をするなどして、対応するようにしてください。

 

 

3.水疱瘡の予防接種は何回受けるべき?

 

水疱瘡 予防 接種

 

水疱瘡の予防接種ですが、何回受けさせるべきなのでしょうか?

 

生後12〜36か月までの乳幼児については、抗体を安定させるために2回の接種が標準とされています。

 

1回目の接種から最低3か月の期間を取らないと、2回目の接種を受けることができません。

 

ですから予防接種の計画としては、生後12〜15か月ごろの1回接種し、そこから半年ほど後に2回目を接種するというケースが多いです。

 

もし3歳になる目前に1回目の予防接種を受けた場合は、2回目の接種ができなくなるので、1回の接種に留まります

 

そのため子供の予防接種計画を事前に立てておき、スムーズに実行できるように注意を払いましょう。

 

すでに水疱瘡を発症しているなら、体内に抗体ができているので予防接種を受ける必要はありません。

 

 

4.水疱瘡の予防接種で起こる副作用の症状

 

水疱瘡 予防 接種

 

水疱瘡の予防接種は、科学的に弱らせた水痘ウイルスを体内に注入し、体が抗体を作ってくれるように促します。

 

これにより実際に水痘ウイルスに感染したとしても、体内でウイルスの増殖を抗体が抑えてくれるので、発症しないで済むか、発症しても軽い症状で済むのです。

 

しかし、科学的に薄めているとはいえウイルスを体内に入れる訳ですから、副作用が全く起こらない訳ではありません。

 

親としては利便性だけでなく、副作用の面もしっかり把握しておきたいですよね。

 

水疱瘡の予防接種を受けた人の1%の割合で、接種してから1週間以内に発熱や発疹などの症状が現れます。

 

また注射した部分が赤く腫れたり、膨れたりするケースも報告されているのです。

 

これらは一過性のもので、数日中には治りますので、あまり心配する必要はありません。

 

それ以上に怖いのは、アナフィラキシーショックです。

 

水疱瘡の予防接種を受けた人の、約100万人に1人の割合でアナフィラキシー反応が起こることがあります。

 

重度の副作用なので症状が重くなる場合もあるので、注意が必要です。

 

こうした副作用の面を考えると、予防接種を受けさせないほうが良いのではないかと考えるかもしれません。

 

しかし、以下の点を考慮するなら、水疱瘡の予防接種は積極的に受けるべきだと認識するでしょう。

 

  • 予防接種しないと水疱瘡が重症化しやすくなる
  • 副作用よりも水疱瘡にかかる確率のほうが高い
  • 水疱瘡を引き起こす水痘ウイルスは成人後の帯状疱疹を発症させる
  • 高齢者がかかる帯状疱疹の感染源になりやすくなる

 

 

5.水疱瘡の予防接種は大人も受けるべき?

 

水疱瘡 予防 接種

 

水疱瘡にかかるのは9歳以下の子供がほとんどですし、定期接種の対象者も生後12〜36か月の乳幼児に限られています。

 

では、大人は予防接種を受ける必要はないのでしょうか?

 

もし子供の頃に水疱瘡を発症したことがなければ、自分の子供が水疱瘡に感染していると、感染する可能性が高いです。

 

大人が水疱瘡になると、重症化しやすい傾向があり、さらに肺炎や脳炎といった合併症を引き起こすリスクもあります。

 

つまり、子供より大人が感染するほうが危険なのです。

 

もし過去に水疱瘡にかかった経験がなく、予防接種も受けていないのであれば、自費になりますが水疱瘡の予防接種を受けたほうが良いでしょう。

 

 

まとめ

 

水疱瘡 予防 接種

 

ここでは、水疱瘡の予防接種を受ける時期や接種回数について見ていきました。

 

水疱瘡は伝染病で感染力が強いので、生後12〜36か月のうちに予防接種を受けることが推奨されています

 

大人が水疱瘡にかかると重症化しやすいので、もし子供の頃に感染した記憶がなく、予防接種も受けていないのであれば、水疱瘡の予防接種は大人も受けたほうが良いです。

 

ワクチン接種なので副作用が起こる可能性はありますが、それ以上にメリットのほうが大きいので積極的に受けさせるようにしましょう。

他にこんな記事も読まれています




人気記事ランキング


〜「水疱瘡」の原因と対処法〜


水疱瘡 予防 接種
大人も要チェック!水疱瘡の予防接種をする時期や費用まとめ



水疱瘡 予防 接種
子供だけの病気じゃない!大人が水疱瘡を発症する原因や予防法まとめ



水疱瘡 予防 接種
跡をどうにかしたい…水疱瘡の跡ができる原因と取り除く4つの方法



水疱瘡 予防 接種
水疱瘡を発症してからお風呂に入れるまでの期間と対処法



水疱瘡 予防 接種
水疱瘡を早く治したい…水疱瘡に効果的な薬と服用する際の注意点



スポンサーリンク




水疱瘡 予防 接種
潜伏期間中も感染する?水疱瘡が感染力を持つ期間と注意点まとめ



水疱瘡 予防 接種
大人は症状が悪化する?水疱瘡にかかると現れる症状と対処法



水疱瘡 予防 接種
大人も効果あり!水疱瘡にワクチンが効果的な理由と接種方法まとめ



〜「蕁麻疹」の原因と対処法〜


水疱瘡 予防 接種
皮膚が突然腫れた…子供が発症しやすい蕁麻疹の種類と対処法まとめ



水疱瘡 予防 接種
体が急に痒くなる…蕁麻疹がストレスで起こる理由と対処法



水疱瘡 予防 接種
体全体がかゆい…全身に蕁麻疹が起こる原因と対処法とは?



水疱瘡 予防 接種
顔に赤い発疹が…顔に蕁麻疹が出る原因と対処法まとめ



水疱瘡 予防 接種
蕁麻疹は原因で種類が変わる?蕁麻疹の種類と対処法まとめ



水疱瘡 予防 接種
蕁麻疹に効果がある薬の種類と使用する際の注意点まとめ



水疱瘡 予防 接種
痒くないけど体に発疹が…痒くない蕁麻疹が起こる原因と対処法



水疱瘡 予防 接種
アレルギー性蕁麻疹を発症する原因と対処法や予防法まとめ



水疱瘡 予防 接種
体を冷やしたら腫れた…寒冷蕁麻疹が現れる原因や症状まとめ



〜「リンパ節」の原因と対処法〜


水疱瘡 予防 接種
耳の下が腫れて痛い…リンパ腺が腫れる原因と治療法5選



水疱瘡 予防 接種
首に突然激痛が…首のリンパ節に痛みを感じる5つの原因と対処法



水疱瘡 予防 接種
首すじ付近にしこりが…リンパにしこりが生じる5つの原因と対処法



水疱瘡 予防 接種
リンパ節が腫れてきた…リンパ節が腫脹する3つの原因と治療法



水疱瘡 予防 接種
リンパが腫れて痛い…リンパ腺炎を発症する4つの原因と対処法



水疱瘡 予防 接種
首付近に違和感が…頚部リンパ節が炎症する3つの原因と対処法



水疱瘡 予防 接種
乳癌はリンパ節に転移しやすい理由と治療法や生存率まとめ